「architecture」 一覧

190328【建築系展覧会】EAMES HOUSE: DESIGN FOR LIVING @ギャラリー・エークワッド、東陽町

概要 東京・江東区にある竹中工務店東京本店内のギャラリー・エークワッド(A4)でイームズ夫妻の展覧会が開催中である。今回は、3つの観点からイームズの創作活動が紹介されている。 イームズ自邸(1949) ...

190311【都市系講演会】明治神宮と表参道・渋谷の100年〜「伝統」と「未来」を考える/今泉宣子@國學院大學

2019/03/11   -architecture

概要 東京・渋谷の國學院大學で明治神宮と周辺地域の歴史に関しての講演会が開催された。講演者は明治神宮神道文化研究所の今泉氏。 内容は大きく2部構成で、最初に神宮の杜の誕生とさまざまな奉仕者たちの変遷が ...

190310【建築系展覧会】インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史@埼玉県立近代美術館

2019/03/10   -architecture, archtecture, exbition

概要 埼玉・北浦和にある埼玉県立近代美術館で近現代建築の展覧会が開催中である。テーマは「実際に建設されることがなかった建築」である。約40人の提案者ごとにコンセプトを示すドローイング・模型・書籍・ムー ...

190306【建築系シンポジウム】幻の建築家たちの教え フィールドワークと実践をつなぐもの/原広司・古谷誠章・布野修司・陣内秀信@建築会館ホール

2019/03/06   -architecture, urbanisme

概要 建築のフィールドワークという方法論の系譜をまとめた新刊書出版を記念して、東京・三田の建築会館ホールでフィールドワークの実践者を招いて、3時間半を超える密度の濃いシンポジウムが開かれた。 主な登壇 ...

190302【建築系展覧会】ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代@国立西洋美術館

概要 本展覧会は、東京上野にある国立西洋美術館の開館60周年を記念する展覧会として、本年2月下旬から、5月下旬まで約3ヶ月間開催されることになっている。 会場となる「本館」の建物(1959)は、近代建 ...

190226【建築系講演会】アルヴァ・アアルトの魅力/和田菜穂子@OZONE新宿

概要 新宿のリビングデザインセンターOZONE会議室で、現在、東京ステーションギャラリーで開催中のアルヴァ・アアルト展「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」の監修を担当した建築史家である和田氏による ...

190224【建築系シンポジウム】大江宏と55・58年館/藤森照信、藤岡洋保、陣内秀信、大江新@法政大学市ヶ谷キャンパス

2019/02/24   -architecture

概要 法政大学市ヶ谷キャンパスでは、校舎の建替計画が進行中である。その過程で、各方面からの保存要望の甲斐なく、大江宏(1913-1989)の設計による55年館(1955)及び、58年館(1958)の取 ...

190215【都市系講義】空き家対策の諸相:空き家に居住を回復するためにフランスと日本ではどのような対策をとっているか?リール都市圏における「まちづくり」の例

2019/02/15   -architecture, urbanisme

概要 フランス・リールの「空き家対策」の考え方と実践について、恵比寿の日仏会館会議室で報告会が行われた。講演者として、空き家対策を主導する組織「SPLA」のヴァンサン・ブガモン、ルイ・ミシェルの両氏を ...

190126【建築系対談】富田玲子&長澤悟「子どものための建築、子どもの生きる空間、子どもが暮らす学校」@パナソニック汐留ミュージアム

2019/01/26   -architecture
 

概要 現在開催中の「子どものための建築と空間展」の記念対談がパナソニック汐留ミュージアムで開催された。登壇者は象設計集団の富田玲子氏、建築計画学研究者であり展覧会監修者でもある東洋大学名誉教授の長澤悟 ...

181021【展覧会】Archaeology of the Future:第1室「記憶の発掘」12のテーマ

2018/10/21   -architecture, exbition

ギャラリー1の第1室では、コラージュ・インスタレーションが展示されている。タイトルは「記憶の発掘 Excavating Memories」である。 記憶とそれに対する創作者のふるまいに関しての12のテ ...

error: Content is protected !!

Copyright© TOKYO見聞録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.