Français 現代フランス語・文学

190329-1【échange】かんたんフランス語覚え書き:フランスの祝祭日

更新日:

このページでは、都内のカフェでフランス人に教えてもらったフランス語の内容を掲載します。フランスとフランス語への興味を持つきっかけになれば幸いです。

今日の話題

●フランスの祝祭日
※記載事項の訂正:7月は juillet n.m.です。o が余計でした。

la fête n.f. 祝日;祝祭
 ex. la fête nationale 国民的大祝祭日。フランスでは le 14 juilletを指す。
 
Épiphanie n.f. 公現祭、顕現際 
※ 古代ギリシア語で apparition n.f. 姿を見せる の意味。
※イエス生誕時に当方三博士の訪問を受けたことを記念する日。1月6日。
jours des Roisとも言う。 galette des roisを食べる。陶器の人形があたった人が王様または女王様になれる。

※フランスの祝祭日は全部で11日。
出典:https://jp.ambafrance.org/article1468

祝祭日日本語2019年の場合
Jour de l’an元旦
1月1日(火)
Lundi de Pâques復活祭の翌日の月曜日
4月22日(月)
Fête du Trarailメーデー5月1日(水)
Victoire du 8 mai 1945
1945年5月8日戦勝記念日
5月8日(水)
Ascension*
昇天祭
5月30日(木)
Lundi de Pentecôte*
聖霊降臨祭の翌日の月曜日
6月10日(月)
Fête Nationale
革命記念日
7月14日(日)
Assomption
聖母被昇天祭
8月15日(木)
Toussaint
諸聖人の日
11月1日(金)
Armistice 1918
1918年休戦記念日
11月11日(月)
Noël
クリスマス
12月25日(水)

考察

●フランスは休みが多い国?

フランスの祝祭日は宗教からみの日が多いようで、半分はキリスト教関連です。残りは「戦いに勝った日」など。

年間の休日日数も日本の約半分。ゴールデンウィークのような「大型連休」はないらしいです。

まあ、バカンスで年に4週間休めるので、あまり関係ないのでしょうね。

ちなみに、フランス人は金曜日の午後は仕事してないと聞いたことがあります。「週末に何して遊ぶか」で頭がいっぱいで、仕事そっちのけでおしゃべりしてしまうらしいです。

同じように、週明けの月曜日の午前中も仕事にならない。オフィスは「週末何して遊んだか」の報告会の様相を呈しており、何も進まないとのこと。

確かに、パリでは月曜日は午後から始まる店舗やオフィスを見かけました。どうせ仕事しないのなら午前半休にしてしまえ、ということでしょうか。

参考情報

フランスの祝祭日(在日フランス大使館公式サイト)
https://jp.ambafrance.org/article1468
https://jp.ambafrance.org/article1468

-Français, 現代フランス語・文学
-,

error: Content is protected !!

Copyright© TOKYO見聞録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.